介護施設様向け4つのサポート

サポート調剤薬局がお手伝いします

介護施設や、高齢者住宅にお住まいの入居者さまに対し、看護師さまは看護業務に、介護職員さまは介護業務により時間が割けるよう、
私たちがお薬管理に関して負担軽減のお手伝いをいたします。お薬の管理は、私たちサポート調剤薬局にお任せ下さい!

院外処方せん調剤管理業務
薬剤師による4つのサポート!
薬剤師による4つのサポート
1、正確・安心な配薬体制で、お薬をお届けします

現在、大阪府内の介護施設さま(特養・有料老人ホーム・グループホーム)やサービス付き高齢者住宅にも訪問し、計2000人以上の入居者さまにそれぞれの形態に応じたサービスを提供しています。お盆や年末年始、祝日も営業の店舗があり、緊急時でも安心です。広い対応エリアで大阪府下なら急な処方せんにも可能な限りその日のうちに対応します。
*但し、休日で在庫のない場合など、医薬品によっては対応できない場合もあります。

2、お薬の配達から入居者さまの服薬管理のことまでサポート

薬剤師が服薬管理を行い、残薬チェックや、副作用発現有無のチェック、担当医師との連絡によるお薬の日数調整や、他科受診や他病院受診によるお薬の重複チェックや整理業務を行います。また介護保険制度をご利用の患者さまには、担当ケアマネージャーさまとの連携を行い入居者さまの服薬コンプライアンス遵守の向上に取り組んでいます。

3、看護師さま、介護職員さまの業務負担軽減

サポート調剤薬局は、看護師さま・介護職員さまの貴重なお時間を入居者さまのケアに活用できるよう、施設さまに応じた独自の最良のお薬管理方法を施設皆さまと共に検討いたします。これまでの多種多様な施設さまを担当する中で得られた経験を基に、最善の方法にて提案いたします。

4.「残薬監査」システム採用により誤調剤を徹底してなくす工夫

サポート調剤薬局では、1日の終了時に出庫した棚の医薬品残数量を数えて、正確に出庫されているかどうか確認しています。その品目数は、日に400品目を超える店舗もあります。手間はかかりますが、皆さまのご健康を守る「医薬品」を扱っているからこそ、毎日徹底した残数チェックを行っているのです。

さらに、こんなサポートも

  • 一人ひとりに合わせた薬袋の処方

    一人ひとりに合わせた薬袋の処方

    <氏名・日付・服用時点の印字が可能です>
    入居者さま氏名などを印字することにより安心して管理ができます。
    <服用時点ごとの色分けが可能です>
    朝・昼・夕・眠前など服用時点によって指定色でのライン引きを行うことも可能です。
    <一剤でも一包化調剤は可能です>
    下剤・睡眠導入剤下剤など調節が必要なお薬は別包にて提供します。
    ※一包化処方には医師の指示が必要です

  • 薬剤管理体制もおまかせください

    薬剤管理体制もおまかせください

    薬剤師による入居者さまごとの、薬の説明も対応しております。
    状況に応じ、薬剤師による往診医との同行もさせていただきます。

  • 服用時間毎、フロア毎に整理してお届け

    服用時間毎、フロア毎に整理してお届け

    (容器など全て当薬局がご用意)
    各施設のご要望に応じた専用お薬ボックスを作成し、お届けします。
    一日ごと・一包ごと(朝・昼・夕・就寝時・頓服)